NI-X拡張基板

NI-X拡張基板


概要


NI-X拡張FPGA基板はNational Instruments製 X シリーズボードと組み合わせて使用します。(単体での使用も可能です。)

FPGA回路を構成することで特殊な計測に対応できます。




用途例

・エンコーダパルス計測
    差動エンコーダパルスを直接接続できます。
    エンコーダパルス計測やエンコーダパルスに同期したアナログ計測などNI-Xをさらに使いやすくします。
・単体のFPGA基板として
    NI-Xシリーズと接続しない場合は、接続コネクタからさらに48点のIOを取り出すことができます。
    TTL入出力トータル64点。

仕様

寸法 200 x 115 mm
電源電圧 DC 5V ± 5 %
消費電流 MAX 400 mA
信号
NI-X IO信号

 

すべてFPGAに接続 (8点単位で入出力を切換)

NI-X アナログ入出力信号

専用コネクタへ取り出し

RS422レベル差動信号入力

12 CH

RS422レベル差動信号出力

12 CH

TTLレベル入出力

16 CH (8 CH単位で入出力を切換可能)


価格

NI-X拡張FPGA基板    \ 83,800
専用FPGA回路開発を承ります。
  NI-X拡張FPGA基板仕様書
HomeEnglish
Home 会社概要 業務内容 製品 開発例 求人 アクセス 問合せ メールマガジン